FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

松島のお土産話

またしばらくお母さんの顔を見ないと思ったら宮城県の松島という所に行ってたんだって・・・
日本三景の一つというからどんなきれいな所かとワクワクしながら写真を見せてもらったけど、カモメの写真ばっかり・・・松島名物ってカモメなんか??お母さんは一羽をカバンに入れて持って帰ろう・・・と思ったらしいけど、いい加減にして欲しい・・・こんなのと庭でいっしょに暮らすのはゴメンだよ・・・第一、近所のニックに「かもめのエサ」なんて売ってるか?

matusima-4.jpg


matusima-6.jpg


matusima-9.jpg


このカモメたちは「かっぱえびせん」を食べてるんだって・・・あんな塩からいせんべい・・・高血圧にならないのかなぁ??かっぱえびせんの一つ一つをお母さんの手からついばんで上手に食べるんだって・・・\(◎o◎)/!
そもそも松島に行ったのはお母さんの出品している「墨人東京展」が東京都美術館で開かれているのを見た後、松島まで足を延ばして富沢のおばちゃんが復元模写した瑞巌寺の障壁画を見る事と白隠という偉いお坊さんの書跡展がその瑞巌寺で開かれていたからだ。
障壁画は金箔をふんだんに使った豪華なもの。建物の本堂と庫裏は国宝、障壁画は国の重要文化財らしい・・・お母さんは最初古びた建物に襖だけきらびやかなものがはまっても変なのじゃないか??と思っていたらしいんだけど実際を見てみてそうじゃなく、建物全体がいきいきと息を吹き返したように感じたんだって・・・

matusima-2.jpg


matusima-3.jpg


瑞巌寺障壁画


上が元の襖絵、下が復元後
こんなに沢山の金箔を使って・・・このお寺を建てた伊達政宗というお侍はすご~いお金持ちだったんだ。金箔の厚さもすごくて現在の日本画なんかで使われている金箔の2倍の厚さで復元したけど、それはまだ伊達さんの使った物の三分の二に過ぎないんだって・・・\(◎o◎)/!
こんな襖が211枚だよ・・・どれくらいお金がかかったんだろう?
書の仲間3人での旅行だったらしいけど、墨人東京展で成績の悪かったお母さんを慰めてくれてワタシも感謝してるよ・・・思い出深い旅になったみたいでヨカッタ・ヨカッタ

matusima-1.jpg


tokyoten-1.jpg
2008年06月08日 | Comments(0) | 未分類
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

カレンダー

最近のコメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。